株式会社テヅカはシュレッダー・鉄 スクラップ機器などの環境リサイクル機器を開発・販売しています。

TOP > 商品紹介 > シュレッダープラント

商品紹介

シュレッダープラント

自然との共生と調和を考えるシュレッダープラント 高純度の鉄や非鉄金属を回収し再資源化

シュレッダプラントは廃自動車、廃家電、混合母材、各種産業廃棄物までの処理範囲が広く高品質の鉄スクラップ、非鉄金属を回収、しかも嵩比重が大きく、破砕形状が安定しているため、後工程の選別や輸送にも有利なプラントです。そのため、非鉄金属の有価物回収として、磁気センサとCCDカメラによるコンビネーションタイプのメタルセンサ装置により材質別選別も可能です。廃車ボディや三方締めされたプレス材、そして混合母材や新断屑にもフレキシブルに対応します。

シュレッダープラント商品動画配信中!製品紹介動画を見る

シュレッダープラントの特長

特長1
材料を選ばない。軽材料から廃車、新断、混合母材まで対応

特長2
省コストの保守管理、低いエネルギー消費、高い生産性

特長3
製品の粒度調整、嵩比重等は、ボタンひとつで対応

特長4
ロータはロータカバー(特殊鋼)により保護されており、ハンマーピン抜き装置で簡単に取替え可能

特長5
プレシュレッダを併設することによりさらに消費電力の低減、稼動負荷の安定、消耗率の低下、シュレッダ本体での爆発事故率の低下を促進

特長6
オプションとして、リ二ア、メタルセンサ、CCDカメラ等による非鉄金属の各マテリアル分離装置、シュレッダダストの固形燃焼化(RPF)装置をつけることが出来る

ページトップ

シュレッダープラントの仕様

プレシュレッダーの仕様
 形式 処理能力   所要電力
TP-200型 20〜30 T/H 162kW
TP-300型 25〜45 T/H 226kW
TP-450型 40〜50 T/H 340kW
TP-600型 50〜70 T/H 470kW
TP-800型 70〜100 T/H 648kW
TP-1000型 90〜130 T/H 769kW
シュレッダーの仕様
  形式 処理能力   所要電力
TZ-300型 5〜10T/H 295kW
TZ-500型 8〜15T/H 560kW
TZ-750型 12〜25T/H 780kW
TZ-1000型 20〜35T/H 950kW
TZ-1250型 30〜45T/H 1,170kW
TZ-1500型 40〜60T/H 1,420kW
TZ-2000型 50〜70T/H 1,800kW
TZ-3000型 70〜90T/H 2,650kW
TZ-4000型 100〜130T/H 3,477kW
TZ-6000型 140〜180T/H 5,018kW

ページトップ