株式会社テヅカはシュレッダー・鉄 スクラップ機器などの環境リサイクル機器を開発・販売しています。

TOP > 商品紹介 > 近赤外”ファインダー”

商品紹介

近赤外”ファインダー”

処理原料から対象物を材質別に分別!コストパフォーマンスに優れています

マルチプレックス近赤外線(NIR)分光器を搭載した選別装置は、選別処理工程の中で材料の定性・定量分析に適しています。処理原料から材質別に圧縮空気を噴霧して所定の排出シュートに分別します。

近赤外”ファインダー”の特長

特長1
粒径20mmから判別可能

特長2
1000から2400mmの機械幅をご用意

特長3
マルチチャンネル解析検出器(分光器)

特長4
あらゆる分野での応用が可能

特長5
全自動選別工程にも完全に取込み可能

特長6
分光器と識別部のモジュール設計

特長7
反射光をスペクトル解析し、材質特有の吸光度を判別

ページトップ

近赤外(NIR Sorter)”ファインダー”テクニカルデータ

タイプ NSB
機械幅[mm] 1000 1200 2000 2400
寸法[mm] 5500×1200×1450 5500×1400×1650 6200×2200×1650 6200×2600×1650
処理量[t/h] 0.1-0.5 0.2-2.0 0.4-8.0 0.6-12.0
センサ 誘導コイル
電磁バルブ[I/min]
(バルブ数)
900/1500
(40/20)
900/1500
(32)
900/1500
(80/40)
900/1500
(64)
定格電源 400V,50/60Hz
空気消費量[I/min]
(空気吐出量)
2000-3000 3000-4000 4000-5000 5000-6000
コンプレッサ
(抑制圧力)
22kW
(8kgf/u)
35kW
(8kgf/u)
55kW
(9-10kgf/u)
75kW
(9-10kgf/u)
モデム ISDN/DSL

ページトップ