BLOG

油圧プレス機 中古メンテナンス事例のご紹介

2020/09/15

こんにちは。テヅカの宮崎です。
先週は中秋の名月ということでお月見を楽しんだのですが、最近では朝晩の冷え込みもあり、弊社周辺にある木々の緑葉も茶色に変わってきています。

さて弊社工場では他社製油圧プレス機の中古機メンテナンスを実施しましたのでご紹介いたします。
投入ボックスが幅1800mm×長さ3500mmの、廃車ボディーの圧縮に使用されていた、1993年製の三方締プレス機で、水没により動力ユニットが故障・起動停止していた機械でした。

新品機器に近い機能を取り戻すため、電動機のオーバーホール、油圧バルブブロックの清掃、新規計装配線、新規制御盤の制作を行いました。

工場搬入時にライナプレートの消耗も見受けられため、全シリンダのパッキン交換、ライナプレート張替え及び軽微箇所の肉盛補修を行いました。

こちらの動画は整備全工程を完了した後、工場で組み立てて、実際に廃車を投入して圧縮テストをする様子です。


 

株式会社テヅカではリサイクル機器の製造販売、メンテナンス、中古機器販売など行っております。現在ご利用の機器の不調、修理ご依頼、新規購入お問合せ等、お気軽にご相談下さい。

株式会社テヅカ
福岡県古賀市谷山942番地1
電話番号 092-941-1311
FAX          092-941-1312