GALLERY

ニューワイドシャー

  • ニューワイドシャー
ニューワイドシャー

ニューワイドシャーは、スクラップ処理機械の新しい形を徹底追及した新鋭機です。
パワーユニットはコンパクト化。送り装置の下部に設置できるので、平坦な床面の基礎上にも設置が可能になりました。

またロジックシステムの採用で、ショックの無い高速運転が実現。

さらに機械の主要部分にセンサーを配備。万一、異常が発生しても即座に対応ができます。

ラジコン操作で材料の投入から出荷作業まで、一貫しておこなうワンマンコントロール方式もご希望に併せて追加装備することも可能です。

ニューワイドシャーの特徴

特徴1

電気制御は、高耐久性のシーケンサー方式を採用。
故障が少なく機械にやさしいプログラムが実現

特徴2

 

超ワイドな刃幅と切れ味抜群の片傾斜カッティング盤を採用。能率よい処理をお約束

特徴3

材料送りの装置には、油圧モータ方式を採用。ショックの少ない、スムーズな“送り”を実現

特徴4

材料を任意に機械の中心に寄せるセンタリング方式を採用。
構造上にムリがなく、耐久性が一段と高まっている

特徴5

三種類の自動パターンで、材料の種類に適した処理方法の選択が可能